投資で夢を叶えよう

BNF氏から学ぶトヨタ等の大型株への投資

現在、日本では株式市場は活況を呈しており、プロの投資家はもちろん、初心者でも独自の手法を確立して大きな利益を得ている人がいます。しかし現在に比べて条件は悪かったものの、ハンドルネームBNFと呼ばれる投資家は、自己資金約150万円から投資をスタートし、5年の間に100億円を稼ぎ出した伝説的なトレーダーとして語り継がれています。

BNF氏が投資をスタートしたのは2000年頃の、まだネットトレードがそれほど浸透していなかった時期です。当初は自身のトレードスタイルを確立するために一日中株価の動きを見ていましたが、ほどなくするといわゆるITバブルが到来します。その時の相場の乱高下を目の当たりにしたBNF氏は、数日で利益を出すスイングトレードに手法を切り替えて大きな利益を得ました。

その後は小型株に照準を合わせつつ、急激な下げ相場後の急上昇を利用した逆張り手法や、株式の上昇を見越してその流れに乗る順張り手法を、相場の状況に合わせて活用しました。この手法も大当たりし、更に利益が膨らみました。

これに加えて、トヨタなどの大型株も復調が見えたと考えて投資を集中させました。その後、IPO株等への投資も織り交ぜ、その結果、100億円という利益を獲得しました。

確かに、参入する人が全員BNF氏のように自分の思惑通りに利益をあげることは出来ません。しかし、BNF氏の投資手法からは学べることは多数あります。中でも重要なことは、情況に合わせて手法を選択し、その後はある程度の損失が出るまでは手法を変えない点です。また、トヨタ等の大型株へ投資も、自己資金が大きく市場が安定している際は、非常に重要な銘柄としてポートフォリオに組み込む必要があるという点です。